橘田尚之 展 KITTA Naoyuki Exhibition 2016.10.13-10.30


登攀者 2016 酸化皮膜したアルミニウム h4080×w2030×d3000mm

 
作品の見えない側面(裏側)について
 
立体
立体を作る時、正面から作ります。正面を作ると、同時に裏側もできていきます。
裏側には私の意図は及びませんが、裏側は、私の知らない自分を感じさせます。
 
平面
平面を作っていて驚くことの一つに、描いている場所とは別の場所が描けてくることがあることです。
こんな時、図像の裏に繋がりのネットワークがあるのではと思います。同時に、それは見る側にあるのかとも思います。(橘田尚之)
 
 
 
 
 
展示風景
 

空間のダンス 2016 酸化皮膜したアルミニウム、アクリル、キャンバス h1620×w1940mm (F130) 
 

空間の井戸 2016 酸化皮膜したアルミニウム、アクリル、キャンバス h1620×w1940mm (F130) 
 
 
(左)通り道 2016 酸化皮膜したアルミニウム、キャンバス h410×w335mm                
(右)たたずむ 2016 酸化皮膜したアルミニウム、紙 h410×w335 mm
  
 
 
(左)林檎図(キャンバス) 2016 酸化皮膜したアルミニウム、アクリル板、ファスナー h410 ×w320 ×d120 mm
(右)林檎図(斜) 2016 酸化皮膜したアルミニウム、アクリル板、ファスナー h500 ×w368 ×d92 mm
  
 

林檎図(横長) 2016 酸化皮膜したアルミニウム、アクリル板、ファスナー h144 ×w574 ×d95 mm 
 

風下 2016 酸化皮膜したアルミニウム、テラコッタ、漆喰、ランバーコア板 h327 ×w282 ×d233 mm 
 

形の向こう側 2016 酸化皮膜したアルミニウム、アルミ鋳造 h542 ×w330 ×d132 mm