前田哲明 展 MAEDA Noriaki Exhibition 2014.10.30-11.16

-Recent Work-

 
untitled 14 2014 h3400×w3400×d4300mm steel
 
 
untitled 14 部分

 
-  
 
もともとドローイングから彫刻をつくるというプロセスを好まなかった。ところが、ある時期から、終止符を打たないドローイングを描き溜めるようになり、その中から、カタチを決めることではなく、立体を使ってドローイングをするようになっていた。知らず知らずのあいだに私の中で、この行為が、それまで抱いていた観念的な彫刻から自分を開放することでもあることに気付いていた。、彫刻をつくることの概念から、たとえ外れていたとしても、それを許容する自分との対話を交わすきっかけとなり、この数年間のあいだ、創作意欲を掻き立てるものでもあった。

2014年10月 前田哲明
 

 
  
 
 
 

 
 
(左)untitled 14-M11 2014 steel h56.3×w30.2×15.6cm                
(右)untitled 14-M10 2014 steel h50.8×w25.8×16.5cm
 
 
 
(左)untitled 14DL-a 2014 墨、水彩紙  h278.7×w108.2cm                
(右) untitled 14DL-b 2014 墨、水彩紙 h278.7×w108.2cm
 
 
 
(左)untitled 13D-a 2013 墨、水彩紙  h34.8×w49.7cm                
(右)untitled 13D-b 2013 墨、水彩紙 h34.8×w49.7cm
 
 
 
(左)untitled 13D-c 2013 墨、水彩紙  h34.8×w49.7cm                
(右)untitled 13D-d 2013 steel h34.8×w49.7cm
 
 
 
untitled 14LD-e 2014 リトグラフ、水彩紙 h55.4×w75cm