開催中

松浦寿夫企画連続個展
鷲見和紀郎 SUMI Wakiro

Météore -1 「考える月」

2019年12月5日(木)ー22日(日)
開廊日:木ー日
開廊時間:13:00-18:00

メテオール Météore
メテオールという語は、今日では流星といった意味で用いられていますが、古代ギリシャ語、ラテン語等の語源に遡れば、広く大気現象一般を示す語でした。その意味で、気象学の語源でもあります。そして、このメテオールという語がメテオロス、つまり「空高い」という形容詞から派生したことを考えれば、この語が大気現象と同時に天文学的な意味を併せ持ちうることも想像できるでしょう。 そして、大気現象を観察してみると、世界は無数のざわめきに満ち、たえず局所的な変動に満ち溢れています。そしてこの多数性、いわば変動の多島海を航行する際につねに局所的な選択を組み立て、連鎖させていく航行者と同じく、ざわめきの多数性という条件の肯定のもとに制作を形成していくことはできるでしょうか。

今回、鷲見和紀郎、白井美穂、松浦寿夫の個々の展示を、その現われの様相の異質性にも関わらず、このメテオールという同じ指標のもとに実現する意図もまた、このような思考の展開の試みを個別的に提示する点にあります。不確定的な条件の騒音のなかから明確な形態の出現、しかも、このざわめきのあらゆる刻印とともに出現させようとする鷲見和紀郎、時間的かつ空間的な無数の偏差の干渉と変動の様態を産出する潜在的な可能態それ自体を思考すると同時にその特異な位相の局面を提示しようと試みる白井美穂、いくつもの色彩の領域の干渉と積層化の過程から、局所的な領域の可変的な接続の拡がりを提示しようと試みる松浦寿夫。

今回の連続個展では、三者三様の試みが、いずれもがたどり着くべき岸辺の所在も不確定なまま、しかも予め確定された海図も欠いたまま遂行される航行の際の個別的なウエザーリポートとして展示されることになるでしょう。
松浦寿夫

Météore – 1 鷲見和紀郎「考える月」
前回のgallery21yo-jでの『叫びと囁き』は展示空間を意識したインスタレーションでしたが、今回は出自の異なる三つの作品シリーズを展示します。
昨年ドイツのインゼル・ホンブロイヒ財団で滞在製作した古い木製家具を素材とした作品。継続的に製作している「サーフェスワーク」(zeit-foto石原氏命名)から円形の作品。そして白い石膏の彫刻「考える月」のシリーズです。
長年私の指標であった田中信太郎さんが逝かれました。
松浦寿夫さんがメテオールのコメントで言う海図なき航行者で在り続ける為に星なき夜の不完全な航行者の日誌として、完璧さの寸止めの静止画として、田中さんにも見ていただきたかった。
SUMI

 

Publications―販売中

千崎千恵夫の新しいカタログが出来ました。
ご購入を希望される方は、お気軽にスタッフまでお声掛け下さい。


千崎千恵夫|ORIGINS FROM A DISTANT NATURE
¥3,900-(税込)

池内晶子展に合わせて、’94-2015年までに開催致しました個展の記録を、美しい本として刊行いたしました。
ご購入を希望される方は、お気軽にスタッフまでお声掛け下さい。


池内晶子|AKIKO IKEUCHI
¥3,900-(税込)

gallery21yo-jにて1990-2016までに開催した、橘田尚之展のカタログを刊行致しました。
ご購入を希望される方は、お気軽にスタッフまでお声掛け下さい。


KITTA Naoyuki Documents from Exhibition at gallery21yo-j 1990-2013
¥2,000-(税込)

中西夏之の新しいカタログが出来ました。
ご購入を希望される方は、お気軽にスタッフまでお声掛け下さい。


中西夏之 Natsuyuki Nakanishi
works on paper 2009-2014

¥2,000-(税込)