小林丈人〈声の際〉KOBAYASHI Taketo Exhibition 2019.7.22 – 8/3

私は映画や小説の台詞、ある人物が発話した語句などをモチーフに、キャンバス上をパレットとして使用しながら絵を描きます。
元ある文脈から切り取られた発話と台詞の物質性。形象としての文字の脱臼、吃り。キャンバスとパレットの重層化による絵画の内と外の問題。それら諸要素の実験的な配置が私にとっての制作です。
小林丈人